はじめに

海外初心者でも大丈夫!最初の一歩はシンガポールへ

最近日本でもやたら耳にするのでは無いでしょうか。今アジアで最も勢いがあり、世界中から富裕層や投資家が集まる国、淡路島程度という小さな面積ですが底知れない成長力のシンガポール。中国系7割、マレー系2割、インド系他1割と3つの主な人種と宗教が混じっていますので、東洋に居るにも関わらず西洋風の文化も味わう事が出来る国際的都市。 公用語は主に中国語と英語ですが、すべてのシンガポール人は英語教育を受け、強い訛はありますが、皆英語が出来ます。ほとんどの若者は同じ人種同士でも英語で会話をしています。実際に私がシンガポールに来た頃はそれがとても不思議な光景に見えましたが、やはり英語が公用語は強いですね。清潔で治安が良く、厳しい法律で有名ですが、街は活気溢れていて、今や完全なアジアのハブとなっています。

ビジネスや就職・転職先としてだけではなく、教育水準が世界的にも非常に高いので、語学留学やMBA取得など、今や人気の留学先にもなってきているようです。シンガポール特有の訛はありますが、メリットとして、最近物価は高くなってきていますが、日本と比べるとやはり安いですし、治安も良いです。それと、国が小さいのでどこへでも移動しやすいというのが上げられます。他民族国家ですが既に沢山の日本企業が進出しており、人口(500万人)の1%は日本人というだけあり、日本の食品などはもちろん、化粧品なども手に入りやすいのでとても便利です。タイやインドネシアなど、シンガポール近隣の東南アジア諸国へのフライトが非常に充実しているので、簡単に旅行や出張に行く事が出来ます。

アジアで働いている日本人と言えば、どちらかというと駐在員のイメージが少し強いですが、最近では現地採用で就職する日本人の若い人も増えて来ている様です。ただ漠然と海外で暮らしたかった、と憧れを持って勢いで来られる方も沢山居る様ですが、やはり最初は、海外留学または移住経験がある方達以外にはハードルが高い様に感じられると思います。ですがシンガポールは英語圏でありながらアジアであり、日本人移住者も多い事もあり、文化的にも親しみやすい部分もあるので、海外初心者にも優しいです。また、海外移住経験者にとっても過ごしやすい国だと思います。実際に私も移住して2年半経ちますが、シンガポールで普通に過ごしているだけでも、ちょっとした事で知り合う方は日本人外国人を含め、皆さんなかなか二本ではお目にかかれない様な、ビックリする肩書きをお持ちの方が多いです。そして彼らに共通する事は、モチベーションが高く、粘り強さを持っていて、成功していても更に向上心がある方達ばかりなので、自然と自分を高めようと言う気が起きるのです。 海外に行きたいけど最初の一歩がなかなか踏み出せない方、勢いのある国で、刺激を受けながら働いて頑張りたいという方は、シンガポールにぜひ、一度足を運んでみては。

シンガポールのお勧め求人サイト(人材紹介会社)
シンガポールでの就職・転職・求人ならSDS!
http://sds-singapore.com/

海外求人情報、東南アジアの就職・転職ならキャリアリンクアジア
http://kyujin.careerlink.asia/

Leave Yours +

No Comments

Comments are closed.