シンガポールでのインターンシップ②

インターンシップ経験はイギリスでもありますが、そこでは、お茶くみ、ランチを買いに走らされたり、荷物運び、在庫の整理だったり、服の壁紙をトレーシングペーパーを使ってなぞったりと簡単作業ばかりでした。私の男の子のお友達なんて、ファッションデザインで入ったのに、初日にペンキ塗りを任せられたり!そんな感じだったので、てっきり雑用が多いのかと思いました。

私は、英語はたまに理解できない単語もありますし、本当に完璧とは言えませんが、一応9年海外に居るので英語には不自由していませんし、いざ仕事を任されてもそれなりにこなせました。ですが日系企業に連絡を取るにあたり、大丈夫だと思ってた母国語を使い働くと言う事は、特に日本語環境の中での社会経験が全く無い自分には、改めて難しい、奥が深いと思いました。日系企業に送るメールなんて、テンプレートなど全く頭に入ってなかったので、2時間かけて作成したくらいです・・・。本当、帰国子女で今現在日本で働いている皆さん、尊敬です。

現地のネイルサロンとエステでの交渉は、どちらとも経営者と私1対1で、にこやかな雰囲気で割とスムーズに進み、交渉成立。ですがいざ日系企業の方とミーティングをさせて頂くと、私はこういう経験が全く無いので、相手3対1のプロフェッショナルな雰囲気に圧倒されてしまいました。 とても緊張してしまい、スムーズに説明がうまくいきませんでした。ですがこちら側の突然で強引な条件を最終的には受け入れてくださり、本当に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいの、忘れられない経験となりました。

インターンシップでは他にも、P.Rアシスタントとしポスターを作成したり、新しいデザイナーを探すスカウティング、クーポン券作成などのちょっとしたグラフィック系のお仕事、社長のアシスタントも任されたりと色々なお仕事を与えて頂きました。

日本とは違い自由な環境でのインターンシップでしたが、毎日毎日が新しい発見で、そして何より学生の自分にも入ってすぐに仕事をこんなに任せて頂いた事が嬉しいし、自信になりました。わずか一ヶ月のインターンシップでしたが、社会に出て働くというのは、こういう事なのかと実感しました。そして日本ではきっとそれ以上にタフだと思います。実際社会人になれば、より誠実でプロフェッショナルな対応が求められるのでしょうね。今は私自身まだ大学生、インターンシップという肩書きで、至らないところがあっても少しは大目にみて貰えた事が沢山ありましたが、社会に出たらそんな事で通用するわけ無いですし。ですが多民族国家で国際的のシンガポールで、わずか一ヶ月のインターンシップでこれだけやらせて頂いた事は、後にとても良い経験になると信じています。これを機に自分に少し自信が持てたので、就職先も頑張ってシンガポールで探そうと思います。

Post Tags:

Leave Yours +

No Comments

Comments are closed.