Tag Archives: 転職

シンガポールに来て2年目のHさん(28歳)。

欧米かぶれだったはずが今ではすっかりアジア独特の文化に虜
シンガポールに来て2年目のHさん(28歳)。有名私立美大出身の彼女はシンガポール来る前に、美術館の学芸員をしていた。学芸員として働く傍ら、プライベートタイムでは油絵など作品を創っていたという。美術系ではとても人気のある職業の学芸員を辞めてまでシンガポールに来た彼女。それはどうしてなのか?
元々Hさんは芸術の国、パリへワーキングホリデーに行きたかった。ただワーキングビザは、抽選なので、人気のパリは落選してしまった。とにかくフランスに憧れていて、パリしか考えていなかったそうなので、落ち込んでしまっていた時に、数々の国にワーキングホリデーに行っていて、ちょうどシンガポールから帰って来た友人に勧められて、初めアジア圏を意識したそうだ。自身でも行った事が無いのに欧米かぶれという彼女。「アジア圏には全く興味を持っておらず、国際的で今や人気の旅行先のシンガポールもあまり眼中に入ってなかった。」と笑いながら話す。
シンガポールでのアートシーンや、ワーキングホリデーも全く聞いた事が無かったので、初めはいまいち乗り気では無かったという。だが友人の言葉で「シンガポールは日本にもヨーロッパにも無い非日常的な感覚が良い。」という言葉が印象的だったので、とりあえず応募してみると、当選してしまったそう。 いざシンガポールに来てみると、まず建物がとてもカラフルでビックリしたそうだ。確かに中華、マレーにインドにオリエンタル感がいっぱいのアジアなのに、それでいて欧米人も多く、だいぶ欧米化もされている。その独特な雰囲気がすっかり気に入ってしまったと話す。
ある日系旅行会社でツアーガイドとして雇ってくれる所が見つかり、最初はツアーガイドとして働いた。職場は8割が日本人、2割は現地の人で、そこまで日本の会社と変わらない様だったが、日本よりもピリピリした感じが無く、暖かい雰囲気の職場だったという。結局はアルバイトという形で雇われたので時給は決して高く無かったらしいが、経験として割り切った。休みの日は、現地で出来た日本人のアーティスト達と出かけたり、バーで知り合って意気投合した欧米人と飲み仲間になったりと非常に充実していたという彼女。
ガイドとして色々な名所を廻るうちにインスピレーションも次第に沸いてきて、作品にもすごく良い影響を齎す事が出来たそう。日本の友人達は皆口を揃え、シンガポールに行ってから作品に力が出たと言ってくれたそうだ。ワーホリ終了後、一旦日本に帰るとまたシンガポールに就職する為戻って来たと言う欧米かぶれだったはずの彼女は今、日系企業の事務員として働きながら、プライベートでは自由に作品造りに励む。目標は、シンガポールで自身の作品展示会を開く事。その日が来るのは、おそらく近いのではないだろうか。

小柄だが明るい笑顔で印象的な京都府出身のKさん。(28歳)

「毎日充実。ずっとシンガポールに居たい。」某有名ヘアサロンを退職し、シンガポールの日系美容室へ転職。
小柄だが明るい笑顔で印象的な京都府出身のKさん。(28歳)彼女は地元の専門学校卒業後、憧れだった第一志望の某有名ヘアサロンに見事採用され、4年程勤務していた。美容師という仕事が大好きだったらしいが、ハードすぎる環境で体調を崩してしまったのがきっかけで、退職してしまったそうだ。そんなKさんがシンガポールに来るきっかけとなったのは、彼女の高校の時の部活動の先輩に、街でばったり会って話し込んだ時だそう。
その先輩は元々日本で飲食店の店長していた。企業がシンガポール進出する事になり、派遣されたそうだ。先輩の話によると、元々彼は海外に全く興味が無く、ましてや東南アジアに対してはまったく良いイメージを持っていなかったそうだ。最初この話を持ちかけられた時は、内心断りたかったらしい。だがいざシンガポールに派遣され、働き始めると、街も奇麗で物価も当時は安く、治安も良 いので、シンガポールでの生活にすっかり慣れ、現在シンガポールでの生活を満喫しているそうだ。
その先輩の話を聞いた直後はKさんも、ただの他人事だと思っていたらしいが、やたらテレビでも耳にする、“シンガポール”の単語が頭から離れなくなり、インターネットでシンガポールの事を調べる様になった。すると、意外にいくつかの日系美容室の求人が出ていた。チェックしてみると、現地採用ではあるが、どこも日本で働くよりも給与が高く、しっかりビザのサポートもある。更にシンガポールの事を調べれば調べる程気になっていった。日系美容室の面接は日本で出来ると知り早速連絡を取り、採用が決まった。どちらかというとヨーロッパに興味があったと話す彼女。(もし海外に行ったら、私の人生変わるのかな・・・)当時は英語も全く話せなく、不安だったそうだが希望を胸に、シンガポールに渡る事を決意した。
Kさんがシンガポールで働きだしてまずビックリしたと言うのが、社内の雰囲気が非常に親しみやすいというところ 。社員はほぼ全員日本人で皆個性的らしいが、とても仲が良く働きやすい環境だそう。客層は6対4で日本人が多いらしいが、外国人も毎日接客するので英語も少しずつ上達しているそうだ。そして南国シンガポールの気候のせいなのか、現地の客は少しルーズだったり、友達を何人も引き連れて自分だけカットに来る客など、日本ではあまり見ない光景も目にする。そんなカルチャーショックもKさんは楽しんでいるよう。
シンガポールに来る前は毎日帰宅後疲れてすぐ寝てしまい、休日もあまり出歩かなかったというKさん。
「シンガポールに来てから異文化に触れ合うのが楽しく、よく出かけるようになって、以前よりも健康的になった。毎日が本当に充実している。ずっとこのままシンガポールに住みたいな。」笑顔で話すKさん。彼女の決断は、やはり正しかったようだ。

華やかな容姿を持つ彼女だが、もともと真面目な性格

キャバ嬢から外資系秘書に転身!後編
シンガポールに来て半年近くが経過し、 英会話も日常会話に困らない程度にまで上達した。週末はゴルフやシンガポール周辺の国へ旅行など新しい趣味もでき、すっかり南国ライフを満喫していたAさん。 華やかな容姿を持つ彼女だが、もともと真面目な性格で、あまり積極的な性格では無く、深い友達もあまり居なかったと話すAさん。以前日本に住んでいた時は、何の為に仕事を続けているのかさえもよく解らなかったそうだ。シンガポールに来て、異文化に触れ合い、日本人だけでなく、現地の友達も出来た。初めてなんでも話せて、時間を共有できる友達が出来たという彼女。帰国が迫る程、日本に帰りたくない、シンガポールにこのまま暮らしていたい、という思いが日に日に強くなった。
とにかくビザが切れてしまうので一度実家に帰り、家族にも話をつけなくてはいけない。(またシンガポールに絶対戻ってくる。)強い思いを胸に、日本へ帰国。4年ぶりに九州の実家へ帰り、家族と再会した彼女はまず、シンガポールへの移住計画を家族に打ち明けた。隠していた水商売の事や、シンガポールで語学学校に通いながら、初めて触れ合った多種多様の異文化。すっかりシンガポールに魅せられ、またシンガポールに戻りたいという希望を打ち明けた。最初は突然のAさんの告白に戸惑った両親だったが、次第に彼女の強い意志を尊重し、笑顔で送り出してくれた。
数年間コツコツ貯めてきた貯金を切り崩し、今度はシンガポールで就職活動をするべく渡航。友達の家に居候させてもらいながら、毎日日系企業を中心に面接をこなした。大手保険会社とはいえ、二年で退職したせいもあり、幾つか取れたオファーは有名企業だが全て事務職。ビザサポートもあるし、お給料もそれなりに悪くないので良い条件とも言えるが、正直どこに勤めても一緒だ。就職活動を始め、2週間目。そう思っていた時に、友人のつてで、日本の企業相手にビジネスをしている、外資系企業の面接を受けれる事になった。秘書募集という事で、ビジネス英語が弱い彼女は面接でさえ受ける自信が無かったが、とりあえず受けるだけ受けてみようという事になり、面接へ。そして見事採用!シンガポールで就職出来る事に。
4年ぶりの昼職はシンガポールで、思いがけず外資系の秘書に。まさか自分が毎日英語を使って仕事をする様になるとは思わなかったと話すAさん。2年目の現在は仕事に慣れたのはもちろん、英語もだいぶ上達した。仕事量が多く、相変わらず英語での仕事は大変だという。だがしっかり週末はゴルフやパーティーでストレス発散する。日本への出張同行もあるので日本はあまり恋しくならないらしい。シンガポールでの生活は楽しくてしょうがないと話す彼女は、日本でキャバクラ嬢をしていた時よりもずっと輝いているのではないか。